原付2種 原付二種のススメ

バイクに原付2種という種類があります。排気量50ccを超え125cc以下のバイクです。メリットも原付2種には様々です。税金や保険、免許など原付2種のお話をします。原付2種いいです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. |
  2. スポンサー広告

PCX ホンダの新しい原付2種発売!

PCXはホンダの125cc原付2種スクーターです。モーターショーで知った方は発売日を待っていた方も多いのではないでしょうか?

PCXはタイで製造されて先行して販売されていました。日本へ輸入という事になります。
Wave125iなど、原付二種系のバイクでは先に進んだモデルが発売されるタイですので、その品質も期待できますね。
このPCXのスタイルは、アドレスV125のようなハンドルとライト部が一緒に動くスクーター型ではなく、ビッグスクーターで見られコマジェのようなライトとカウルが一体のデザインです。
本当にカッコイイデザインで、私も毎日乗っているアドレスV125が限界になったら、乗り換えたい候補の1番となります。エリミネーター125はロングツーリングに最高なので通勤には使いませんが。

さてPCXは収納容量も十分あり25?あって、フルフェイスヘルメットの他にも荷物が十分入ります。
更にフロントカウル内側にはグローブボックスが備わり、アドレスV125のようなポケットタイプとは差がつきます。

PCXのスペックで特徴的なのは、国内クラス初のアイドリングストップ機能がある事です。
普通に乗っても低燃費な原付二種が更に経済的になるはずです。

ブレーキも世界初採用の3ポッドブレーキを装備し、コンビブレーキ機能で前後のブレーキバランスを補助してくれます。

ホンダのPCXの登場で、スズキのアドレスV125、カワサキのKLX125とDトラッカー125など各メーカーの原付2種ラインナップが華やかになってきました。このブログを始めて原付2種の魅力を紹介してきましたが、再び国内販売の原付2種が盛り上がってきたのは嬉しい限りです。もし万が一メーカーの方が見てくれていたなら、更に嬉しいですね。
そんな期待を込めて、次は原付2種アメリカンやドラッガーが復活してくれればいいのですが。私の周りでもハーレーに憧れても実際には経済的にも厳しい方は多く、私のエリミネーター125を羨ましく思ってくれる方もいますので、ビラーゴやマローダなどラインナップが昔のように増えてくれれば、選ぶ楽しみもあるのですが。
  1. |
  2. 原付二種情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。