原付2種 原付二種のススメ

バイクに原付2種という種類があります。排気量50ccを超え125cc以下のバイクです。メリットも原付2種には様々です。税金や保険、免許など原付2種のお話をします。原付2種いいです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. |
  2. スポンサー広告

アドレスV125S登場!

アドレスV125Sが登場しました。私は最初、ウィンカーのデザインからアドレスZ125が日本でも発売されたのかと思っていました。

アドレスV125SはスズキがアドレスV125Gのオーナーの声をマーケティングして、正常進化したような原付2種スクーターに感じました。

基本的にはアドレスV125Gと変わらないようですが、まず今まで安っぽい印象だったメーターが、デジタル表示も追加されました。さらに照明もLED化されました。
デジタルメーターにはツイントリップ・オドメーター、時計、燃料計、オイル交換時期の表示など多機能です。

アドレスV125Sの車体側の装備では、大型のしっかりしたカバンホルダーが付き、今までのアドレスV125Gのコンビニフックに比べると使い勝手は良さそうです。

ヘルメットホルダーも今まで片側だったものが両方に増えました。これは地味ですけど、私は駐車場で困った事があったので助かります。

ステップはアドレスV125Gでは雨の日などは微妙に滑りやすかったのですが、少し良くなったように見えます。

ただ、このアドレスV125Sは、今までのアドレスV125Gのキープコンセプトの原付2種スクーターですので、変わらない所は長所も短所も同じような気がします。

シート下のトランクスペースは、やはりフルフェイスヘルメット1つを横にする収納ですので、変わらないようです。ヤマハのシグナス位、フルフェイスとハーフのヘルメットが入る位大きいと、買い物の時に大きさを考える事も少し減りそうです。しかし購入期間限定で容量30ℓのGIVIのリヤボックスが付いてきます。
これは嬉しいキャンペーンですので、新車で購入される方は得ですね。

あとは色ですが、随分落ち着いたカラーラインナップになってしまったので、もっと華やかなカラーを増やして欲しいものです。通勤快速だからって、地味な色だけでは寂しいですから。
アドレスV125Sの明るいカラーに乗って朝から元気一杯に出社した方が、一日頑張れる気がしませんか?
スポンサーサイト
  1. |
  2. 原付二種情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。