原付2種 原付二種のススメ

バイクに原付2種という種類があります。排気量50ccを超え125cc以下のバイクです。メリットも原付2種には様々です。税金や保険、免許など原付2種のお話をします。原付2種いいです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. |
  2. スポンサー広告

エリミネーター125買いました!!

以前の記事でも書いた事のあるエリミネーター125ですが、とうとう買ってしまいました!

購入の時迷ったのは、ホンダの250ccのVツインマグナ、ヤマハのビラーゴ125、デイリン デイスター125などです。
他にもドラッグスター125やシャドウ125も原付2種ですが、手に入りにくく価格も高いので検討から外しました。

最終的には近所で出物があり原付2種である、カワサキのエリミネーター125に決めました。
アドレスV125Gとの並行した所有には、やはり原付2種が一番だと思いました。

早速乗ってみましたが、インプレッション以前にマニュアルのギヤチェンジが久々で、うまくできなくて怖い思いをしました...。
しかも燃料が少なくて大きな道でエンストしたりで、早速ファミリーバイク保険のお世話になる所でした。

そんな近所を少し乗っただけですが、慣れてくると以前乗っていたギヤ式のバイクXLR250BAJAに比べると、どうしてもトルクの細さはあるので、今の所ギヤチェンジには気を使います。

また、アドレスV125GやBAJAとは当然運転ポジションは違うので、慣れないといけません。
私の身長は173cmなのですが、ちょっとハンドルが遠く感じました。クラッチを握るのにも手を大きく開く必要を感じます。これも、ちょうど良い運転姿勢をみつけないといけませんね。

まず、ゆっくり車体に慣れてから、パワーアップは行っていきたいと思います。
今は眺めるだけでも幸せですが(笑)。
スポンサーサイト
  1. |
  2. 原付二種 雑記

原付2種が車の免許を取ったら乗れるようになるかも!?

今の自動車免許を取ると50ccまでの原付1種も乗れるという免許制度を、125ccの原付2種まで広げるという案をバイク各メーカーが国に対して要請するという事です!
まだ、どうなるかりませんが、おもしろい事になりそうですね!
よく、昔は車の免許を取れば大型バイクも乗れたと聞きます。
そこまで戻らなくても画期的な事だと思います。

ご存知の通り、日本のメーカーの海外モデルは華やかなのに国内販売モデルは排ガス規制もあり減少の一方です。
先日ネットを見ていると、例えば海外では私の乗っているアドレスV125Gにも別モデルがあって、はとやさんのHPを見ていたらアドレスZ125なんてありました。スタイルはパワーダウンした今の日本のアドレスV125Gよりカッコイイです。GSR125というスクーターもありました。
スクーターだけでも多種多様で他のタイプのバイクも多くの種類があります。

ハイブリット自動車も良いのですが、原付2種バイクの燃費、維持費のメリットも大きく、本当に実現すれば国内モデルの原付2種の選択視も増えて、2輪業界に大きな動きとなる事でしょう。

バイク関係の免許改正では、最近ではオートマ限定免許が記憶に新しいです。

ビッグスクーターの人気もわかりますが価格が高くて手が出しずらい方も多いのではないでしょうか。任意保険料も気になります。

その点、原付2種バイクにはビッグスクーターより安い価格と扱いやすさ、自動車保険のファミリーバイク特約のメリットもありますから、原付2種乗りが増えて国内市場の車種も増えてほしいものです。
  1. |
  2. 原付二種 雑記

アクシス トリート ヤマハの原付2種

ヤマハの原付2種、アクシス トリートです。
アクシス ストリートだと思ってしまう方も多いのでは?私は間違えてました。

ヤマハの原付2種というと、迫力のスタイリングと28ℓの収納などが特徴のシグナスX、シグナスSRが思い浮かびます。

しかしアクシス トリートは「ゆとり通勤」をコンセプトにしています。
通勤と言えば、通勤快速、通勤特急の異名を持つアドレスV125Gがありますね。
2台を比べてみましょう。

アクシス トリートはアドレスV125Gよりも車体寸法は少し大きめで、装備重量も110kgと98kgでアクシス トリートの方が重めです。

エンジン出力も少しアクシス トリートの方が少なめです。

シート下の収納はアクシス トリートは22ℓでA4サイズのファイルが入り、アドレスV125Gの21ℓよりも有利です。

メーカ希望小売価格もアクシス トリートの方が安いです。

スペック上の動力性能はアドレスV125Gに劣りますが、コンセプトは似た2台ですので、カラーバリエーションがもっと増えたり、防寒使用車が登場すれば、価格差でアクシス トリートを選ぶ方が増えるかもしれませんね。今後の動向に期待です。
  1. |
  2. 原付二種情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。