原付2種 原付二種のススメ

バイクに原付2種という種類があります。排気量50ccを超え125cc以下のバイクです。メリットも原付2種には様々です。税金や保険、免許など原付2種のお話をします。原付2種いいです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. |
  2. スポンサー広告

原付二種 寒さ対策には。 その4 レッグカバー

アドレスV125Gで通勤するようになってから、季節の変わり目を感じるのが早くなりました。原付2種以外でもバイクのライダーの皆さんもそうではないでしょうか?

初めの予定では、ウィンドシールド、サイドバイザー、ナックルバイザー取り付けて、十分な装備のつもりでした。しかし実際はグリップヒーターも含め、まだ足りない物がありました。
その一つがレッグカバーです。

アドレスV125Gのようなスクーターのスタイルは、ハンドル部を頭として本体を体として見ると、首の部分が細くなり、そこに隙間が空いています。ここから抜けて来た風が膝に直接吹き付けます。これが、季節の変わり目の微妙な時期には堪えます。

オーバーパンツも荷物になるので、まだ早いし、インナーを着るには日中の仕事には暑いという時期です。

そこで色々調べてみますと、防寒対策として昔からレッグカバーがある事を知りました。

一つはエプロンタイプです。これは魚屋さんの前掛けのようなタイプで、シンプルですが、これでも私が気になる部分はカバーできるので、十分な気がします。

もう一つは、一部車体に取り付けてレッグスペースを全体的に覆う、一見コタツのようなタイプです。小物入れなども付いて機能的です。
イタリアなど海外では一般的な商品のようです。スクーター以外のバイク用の物も海外のサイトで見かけました。
これは本格的な冬にも安心です。

他には、私のアイディアですが、ナックルバイザーと車体の間に、運転の邪魔にならない程度の柔らかい生地を取り付けてみる。というのを思い付きました。
カブなどであるビニール樹脂のバイザーのような物を下にずらしたような感じで、ハンドルを切る時も、そこは柔軟に動くイメージです。でも風圧が強いので千切れたりしそうで、作るのはちょっと難しそうです。

スポンサーサイト
  1. |
  2. 原付ニ種 寒さ対策には。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。