原付2種 原付二種のススメ

バイクに原付2種という種類があります。排気量50ccを超え125cc以下のバイクです。メリットも原付2種には様々です。税金や保険、免許など原付2種のお話をします。原付2種いいです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. |
  2. スポンサー広告

原付二種の登録、税金は?

原付二種の区分は?で書いた通り、原付二種内でも甲と乙に分かれます。
この甲と乙でも税金の額が違います。
排気量の多い「甲」は、大体の地域で年額1600円、排気量の小さい「乙」は同じように1200円の地域が多いようです。
そして税金は「軽自動車税」として市区町村から課せられ、登録、廃車、移転などの諸手続きも市区町村役場で行います。

私の乗るアドレスV125Gは、買い物や通勤はもちろん、最近ではガソリンの節約も兼ねて、燃費の良さから毎日のように使っています。
今では車より乗る機会が増えた気がします。
私のようになペースで乗らない方や、セカンドバイクとして時々乗る方にも、税金の安さは維持費を抑えるのに一役買っていますね。
原付二種は、そんな所も、永く付き合える理由になると思います。
スポンサーサイト

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. |
  2. 原付二種の登録、税金は?

原付二種の三角マークは?

原付ニ種の後ろには三角の白いマークが貼ってあるのを見かけます。
前にも良く見るとUの字をした白いテープが貼ってあります。
これもナンバープレートの色と同じように原付ニ種である事をわかりやすくする為のものです。

私のアドレスV125Gのように、一見すると原付一種と間違われやすいバイクでも、警察の取締時や周りのドライバーに原付二種である事を知らせる事ができます。

それと輸入バイクが賑やかな原付ニ種ですが、このマークが付いていない場合は、市販のセットの物や、自作の物を貼り付けてもいいようです。

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. |
  2. 原付二種の三角マークは?

原付ニ種の交通ルールは?

原付2種の交通ルールは原付2種の免許でも書きましたが、普通二輪免許も必要な事から分かる通り、50ccの原付と法律も違います。
下記に簡単に書いてみます。

二段階右折は必要ありません。右折レーンで曲がれます。

普通二輪と同じく、免許を取ってから1年以上経てば二人乗りはできます。
シートも、タンデム可能な物のバイクが多いです。

制限スピードが決まっている所は、もちろん駄目ですが、30km/hのスピード制限もありません。

第一通行帯(一番左の車線)を走る義務は、ありません。

高速道路は走ってはいけません。全体的に普通二輪寄りな扱いですが、ここは大きく違います。

以上、主だったものを書いてみました。

私のアドレスV125Gも、一見すると50ccの原付と変わらないので、運転に慣れない頃は煽りや無理な追い越しを受けた事がありました。
最近はアドレスV125Gの性能のお陰で道路の流れにスムーズに乗れています。
でも、無茶はしないで楽しく安全運転でいきましょう。

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. |
  2. 原付二種の交通ルールは?

原付二種の免許は?

原付二種の運転には、「普通二輪免許」が必要です。
名前に原付が付いても、50ccの原付バイクとは公道での条件が大分違いますから「原付免許」では乗れません。
ですので「普通自動車免許だけ」を持っていても、50ccの原付バイクは運転できますが、原付二種のバイクは乗ってはいけません。

私は普通自動車免許を取って何年かしてから、休日に普通二輪免許を取りに行きました。
この場合、試験項目の一部免除がありましたので、普通自動車免許を取った時より短期間で取得できました。

免許取得後も初心を忘れず、お互いに安全運転で楽しい原付二種バイクライフを送りましょう。

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. |
  2. 原付二種の免許は?

原付二種の排気量は?

原付二種は、50ccを超え125cc以下の排気量の二輪車です。
排気量に幅がありますが、私が見る機会が多いのは90cc以上125cc以下のバイクが多い気がしています。

私の乗るアドレスV125Gは、見た目は詳しくない人が見ると50ccの原付と変わらないサイズで、しかも軽量な車体です。
その排気量は124ccで、50ccの原付の約2.5倍もの排気量という事になります。
同じような車体で約2.5倍の排気量のエンジンが載っているのですから、そのパワー感はノーマルでも十分なものです。

実は購入時に、他のアドレスV125Gを乗られている方の話でも良く聞きますが、マジェスティ125のFiと最後まで迷いました。
私の場合の決め手は通勤がメインになるので、こちら書いたような通勤コースを通るので、動力性能と小柄な車体を兼ねたアドレスV125Gを選ぶ事になりました。
ただ豊富な種類がある原付二種ですから、セカンドバイクとして、いつかは、もう一台欲しいです。

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. |
  2. 原付二種の排気量は?

原付二種の区分は?

原付二種の排気量は、50ccを超え125cc以下です。
その排気量内でも二種類に(甲)と(乙)に分かれます。


(甲)は90ccを超え125cc以下。ナンバープレートは桃色の地域が多いです。
(乙)は50ccを超え90cc以下。ナンバープレートは黄色の地域が多いです。

私は原付二種に興味を持つまでは、ナンバーの色の違いはあまり気にしていませんでした。
ですが、納車されたアドレスV125Gを見てみると、ナンバープレートはリアの目立つ部分なので、色によって印象も大きく変わるものだな。と思いました。
私の住んでいる所では、アドレスV125Gは桃色ナンバーです。
最初は何か、かわいい色をしているな。っと思いました。

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. |
  2. 原付二種の区分は?

原付二種を私が選んだワケ その2

「XLR250BAJA」を買ってから何年かして、私の勤め先が自宅から近い所になりました。
車を出すには近すぎて、自転車では遠いという。中途半端な距離です。
その通勤ルートは、交通量の多い国道から細い路地もあり、短い距離ながらも状況は変化します。

その頃ホンダの「XLR250BAJA」は乗る機会も減っていたので、ちょうど良い機会なので買い替えを決意しました。

色々な原付二種のバイクと迷いました。
最後はマジェスティ125FIと迷って、今現在はアドレスV125Gに乗っています。
では、なぜ原付二種に絞って選んだか。は、今後お話していきたいと思います。

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. |
  2. 原付二種を私が選んだワケ

原付二種を私が選んだワケ その1

昔からバイクに興味は持ってはいましたが、なかなか免許を取りに行く機会を逃していて、普通二輪の免許を取ったのは普通自動車の免許を取って、しばらく経ってからの事でした。車では感じられない、軽快な走りと開放感と憧れていましたから。

最初に買ったバイクは中古のホンダの「XLR250BAJA」でした。
車も持っていますので、なるべくメンテナンスに気を使わないバイクが良いと思い、そして道を選ばずに走りたかったので、オフロード車を探していました。
空冷式エンジンでバッテリレス、始動はキックスタートのみでした。
このバイクは軽快で、色々な所に行きました。
ただ既に改造されていたので、始動性の悪さと爆音のマフラーで、ノーマルマフラーも無かったので、ご近所が気になって早朝からアイドリングもできなく、乗る時は、いつも明るくなってからでした。

テーマ:原付 - ジャンル:車・バイク

  1. |
  2. 原付二種を私が選んだワケ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。