原付2種 原付二種のススメ

バイクに原付2種という種類があります。排気量50ccを超え125cc以下のバイクです。メリットも原付2種には様々です。税金や保険、免許など原付2種のお話をします。原付2種いいです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. |
  2. スポンサー広告

オートバイで町おこし事業 

埼玉県秩父郡小鹿野町では、バイク乗りに嬉しい町おこし事業を行っています。
原付ニ種だけではなく、オートバイで訪れるライダーを町ぐるみで歓迎して、再び新しい仲間を連れて来てもらおう。というものです。

二町内には輪車専用駐車場も数ヶ所整備されています。
また協賛している各お店では、オートバイで来店し食事や給油をすると、ドリンクなどの各種サービスが受けられます。ちなみに協賛店は、ウエルカムライダーズのぼり旗、または看板が目印です。

それと、小鹿神社ではオートバイの安全祈願も受けられ、ロゴマークの入った安全祈願ステッカーもあります。
ロゴマークの入ったグッズは様々あります。キャップやTシャツやステッカー、他にも皮製品など多数のグッズがあるようです。これからも続々登場する事でしょう。
でも、私が一番気になったのは小鹿野町の名物の一つでもある、小鹿野歌舞伎のデザインを取り入れたヘルメットですね。これは目立つし格好良いです!

小鹿野町出身のアーティストAckoさんによるテーマソングもあり、その他のアーティストのライブイベントや、ライダーズミーティングなどイベントも随時開催されています。

バイクの森おがのというミュージアムは閉館となりますが、シンボル的な意味で再び復活してほしいですね。
ウエルカムライダーズの活動はバイクの森おがのが閉館後も継続されます。

わらじカツ丼など小鹿野町には名物もありますので、皆さんもツーリングのコースに訪れてみてはどうでしょうか!
スポンサーサイト

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. |
  2. 原付二種 雑記

エリミネーター125買いました!!

以前の記事でも書いた事のあるエリミネーター125ですが、とうとう買ってしまいました!

購入の時迷ったのは、ホンダの250ccのVツインマグナ、ヤマハのビラーゴ125、デイリン デイスター125などです。
他にもドラッグスター125やシャドウ125も原付2種ですが、手に入りにくく価格も高いので検討から外しました。

最終的には近所で出物があり原付2種である、カワサキのエリミネーター125に決めました。
アドレスV125Gとの並行した所有には、やはり原付2種が一番だと思いました。

早速乗ってみましたが、インプレッション以前にマニュアルのギヤチェンジが久々で、うまくできなくて怖い思いをしました...。
しかも燃料が少なくて大きな道でエンストしたりで、早速ファミリーバイク保険のお世話になる所でした。

そんな近所を少し乗っただけですが、慣れてくると以前乗っていたギヤ式のバイクXLR250BAJAに比べると、どうしてもトルクの細さはあるので、今の所ギヤチェンジには気を使います。

また、アドレスV125GやBAJAとは当然運転ポジションは違うので、慣れないといけません。
私の身長は173cmなのですが、ちょっとハンドルが遠く感じました。クラッチを握るのにも手を大きく開く必要を感じます。これも、ちょうど良い運転姿勢をみつけないといけませんね。

まず、ゆっくり車体に慣れてから、パワーアップは行っていきたいと思います。
今は眺めるだけでも幸せですが(笑)。
  1. |
  2. 原付二種 雑記

原付2種が車の免許を取ったら乗れるようになるかも!?

今の自動車免許を取ると50ccまでの原付1種も乗れるという免許制度を、125ccの原付2種まで広げるという案をバイク各メーカーが国に対して要請するという事です!
まだ、どうなるかりませんが、おもしろい事になりそうですね!
よく、昔は車の免許を取れば大型バイクも乗れたと聞きます。
そこまで戻らなくても画期的な事だと思います。

ご存知の通り、日本のメーカーの海外モデルは華やかなのに国内販売モデルは排ガス規制もあり減少の一方です。
先日ネットを見ていると、例えば海外では私の乗っているアドレスV125Gにも別モデルがあって、はとやさんのHPを見ていたらアドレスZ125なんてありました。スタイルはパワーダウンした今の日本のアドレスV125Gよりカッコイイです。GSR125というスクーターもありました。
スクーターだけでも多種多様で他のタイプのバイクも多くの種類があります。

ハイブリット自動車も良いのですが、原付2種バイクの燃費、維持費のメリットも大きく、本当に実現すれば国内モデルの原付2種の選択視も増えて、2輪業界に大きな動きとなる事でしょう。

バイク関係の免許改正では、最近ではオートマ限定免許が記憶に新しいです。

ビッグスクーターの人気もわかりますが価格が高くて手が出しずらい方も多いのではないでしょうか。任意保険料も気になります。

その点、原付2種バイクにはビッグスクーターより安い価格と扱いやすさ、自動車保険のファミリーバイク特約のメリットもありますから、原付2種乗りが増えて国内市場の車種も増えてほしいものです。
  1. |
  2. 原付二種 雑記

雑記 スーパーカブ

昔は「格好悪いバイク」として、私の認識にあったスーパーカブ。数年前からは、気になる存在です。

私の父は、幼い頃はヤマハの2ストのメイトで通勤していましたが、いわゆるビジネスバイクのお決まりスタイルで、レッグシールドはもちろん、ウィンドシールドやグリップカバーの付いた定番のスタイルでした。グリーンの車体カラーも何となく格好悪く感じました。

その後、兄弟も免許を取り、シャリーやダックスをボアアップしたりとホンダ4ストを楽しみ、私はこちらで書いたように一足遅れてバイクを楽しむようになりました。

今は、社会人となった私も、父と同じ様にアドレスV125Gに寒さ対策をして通勤するようになりました。
性能は大分違って速いのですが。

そんな時に昔のメイトを思い出します。「スピードに拘らず、のんびりビジネスバイクで出掛けるのも良いな。」と。ただし4ストエンジンで。そこでホンダのカブです。

ただ、ちょっとオシャレにカスタムして乗ってみたいですね。スーパーカブ、リトルカブの50CCの原付一種モデルはPGM-F1で電子制御インジェクション化されましたが、90はこの記事を書いている段階では市販されていませんが(郵政仕様のMDカブにはあるらしいですが)、現代の性能よりも、昔からのキャブのカブの味わいを楽しんでみたいです。
まずは慌てずサイフと相談しながら、のんびり色々考えてみる事にします。


  1. |
  2. 原付二種 雑記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。