原付2種 原付二種のススメ

バイクに原付2種という種類があります。排気量50ccを超え125cc以下のバイクです。メリットも原付2種には様々です。税金や保険、免許など原付2種のお話をします。原付2種いいです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. |
  2. スポンサー広告

ホンダの原付2種が沢山登場

PCX以降のホンダは日本発売モデルの原付2種で、沢山ユニークなバイクが登場しました。
CBR125、グロム、Sh mode、ズーマーX、クロスカブ、ディオ110です。
どれも昔のホンダのように個性的なモデルです。
原付バイクの活躍する海外発のモデルも多く、日本に元気を貰っているようです。
スポンサーサイト
  1. |
  2. 原付二種情報

アクシストリート 快適セレクション

アクシストリート 快適セレクションは、以前こちらの記事で書いたヤマハの原付2種のアクシストリートにオプションを標準装備したバイクです。
リアボックス、ナックルバイザー、サイドスタンドがセットとなっています。
  1. |
  2. 原付二種情報

アドレスV125S登場!

アドレスV125Sが登場しました。私は最初、ウィンカーのデザインからアドレスZ125が日本でも発売されたのかと思っていました。

アドレスV125SはスズキがアドレスV125Gのオーナーの声をマーケティングして、正常進化したような原付2種スクーターに感じました。

基本的にはアドレスV125Gと変わらないようですが、まず今まで安っぽい印象だったメーターが、デジタル表示も追加されました。さらに照明もLED化されました。
デジタルメーターにはツイントリップ・オドメーター、時計、燃料計、オイル交換時期の表示など多機能です。

アドレスV125Sの車体側の装備では、大型のしっかりしたカバンホルダーが付き、今までのアドレスV125Gのコンビニフックに比べると使い勝手は良さそうです。

ヘルメットホルダーも今まで片側だったものが両方に増えました。これは地味ですけど、私は駐車場で困った事があったので助かります。

ステップはアドレスV125Gでは雨の日などは微妙に滑りやすかったのですが、少し良くなったように見えます。

ただ、このアドレスV125Sは、今までのアドレスV125Gのキープコンセプトの原付2種スクーターですので、変わらない所は長所も短所も同じような気がします。

シート下のトランクスペースは、やはりフルフェイスヘルメット1つを横にする収納ですので、変わらないようです。ヤマハのシグナス位、フルフェイスとハーフのヘルメットが入る位大きいと、買い物の時に大きさを考える事も少し減りそうです。しかし購入期間限定で容量30ℓのGIVIのリヤボックスが付いてきます。
これは嬉しいキャンペーンですので、新車で購入される方は得ですね。

あとは色ですが、随分落ち着いたカラーラインナップになってしまったので、もっと華やかなカラーを増やして欲しいものです。通勤快速だからって、地味な色だけでは寂しいですから。
アドレスV125Sの明るいカラーに乗って朝から元気一杯に出社した方が、一日頑張れる気がしませんか?
  1. |
  2. 原付二種情報

PCX ホンダの新しい原付2種発売!

PCXはホンダの125cc原付2種スクーターです。モーターショーで知った方は発売日を待っていた方も多いのではないでしょうか?

PCXはタイで製造されて先行して販売されていました。日本へ輸入という事になります。
Wave125iなど、原付二種系のバイクでは先に進んだモデルが発売されるタイですので、その品質も期待できますね。
このPCXのスタイルは、アドレスV125のようなハンドルとライト部が一緒に動くスクーター型ではなく、ビッグスクーターで見られコマジェのようなライトとカウルが一体のデザインです。
本当にカッコイイデザインで、私も毎日乗っているアドレスV125が限界になったら、乗り換えたい候補の1番となります。エリミネーター125はロングツーリングに最高なので通勤には使いませんが。

さてPCXは収納容量も十分あり25?あって、フルフェイスヘルメットの他にも荷物が十分入ります。
更にフロントカウル内側にはグローブボックスが備わり、アドレスV125のようなポケットタイプとは差がつきます。

PCXのスペックで特徴的なのは、国内クラス初のアイドリングストップ機能がある事です。
普通に乗っても低燃費な原付二種が更に経済的になるはずです。

ブレーキも世界初採用の3ポッドブレーキを装備し、コンビブレーキ機能で前後のブレーキバランスを補助してくれます。

ホンダのPCXの登場で、スズキのアドレスV125、カワサキのKLX125とDトラッカー125など各メーカーの原付2種ラインナップが華やかになってきました。このブログを始めて原付2種の魅力を紹介してきましたが、再び国内販売の原付2種が盛り上がってきたのは嬉しい限りです。もし万が一メーカーの方が見てくれていたなら、更に嬉しいですね。
そんな期待を込めて、次は原付2種アメリカンやドラッガーが復活してくれればいいのですが。私の周りでもハーレーに憧れても実際には経済的にも厳しい方は多く、私のエリミネーター125を羨ましく思ってくれる方もいますので、ビラーゴやマローダなどラインナップが昔のように増えてくれれば、選ぶ楽しみもあるのですが。
  1. |
  2. 原付二種情報

KLX125,Dトラッカー125 カワサキから発売!

KLX125とDトラッカー125は、カワサキから登場した原付2種です。

スクーターが元気だった最近の原付二種ですが、色々なジャンルの原付2種が再び増えるのは嬉しい事です。
どちらも同じエンジンの10.2PSのインジェクションのエンジンとフレームになりますが、それ以外の味付けは違います。

KLX125はオフロードタイプで、タイヤだけでなく、サスや操作系、最低地上高などもオフロード向きになっています。

D-TRACKER 125(Dトラッカー125)はモタードタイプでロードタイヤを履き、足つきも比較的よく街中での取り回しも良さそうです。

どちらも軽量で細身な車体は、それぞれのフィールドで軽快な走りをしてくれそうです。

KLX125とDトラッカー125の2台は、アドレスV125G以来の原付2種の新たなヒットの予感がします。
良いエンジンが原付2種で登場したカワサキには今後も期待ができそうです。
キャブのデチューンで規制を抜けたエリミネーター125の国内復活も、もしかすると近いかも。

  1. |
  2. 原付二種情報

エリミネーター125 A8型 バキュームバルブ交換

私がもう一台購入した原付2種のエリミネーター125ですが、2008年製のA8型です。
このモデルはA6型から始まった騒音規制対策の為に、キャブレター内のバキュームバルブが違う物になっていて、高回転まで回らないようにされています。
これによってパワーは12馬力から7.3馬力に落ちてしまっています。

私の173cm75kgの体でも、車体に慣れるまではエンジンを回してギヤを繋いでいけば、道路の流れにも、まぁまぁ乗る事はできました。
実際、これでも味があって良いかな。と思った事もありました。

しかし、高回転まで回した時のくすぶるような感じと振動が気になりだし、エリミネーター125乗りには有名なバキュームバルブ交換を行う事にしてみました。

新型には効果がない。と言う噂を聞いたり、中古車なので既に交換されていたら。と思いましたが、私が外した元から付いていたのは、筒の脇の部分に穴が空いた騒音規制対策用でした。

私は自分で交換取付しましたが、最初はただ入れ替えればいいと思ってました。
しかし、筒の底の穴の向きが微妙な向きで、決まりがあるのかな。と悩みました。
良く見ると、バキュームバルブの袋部分に飛び出て付いているタブのようなものと、キャブレター側の溝が同じ形になっていたので、それに合わせて組み付けてみました。

サービスマニュアルを持っていないのですが、この組み方で随分走りましたが、今の所、問題はありません。もちろん、これが正解かわかりませんので、バイク屋さんに交換をお願いする事をオススメします。

そして走ってみた感想ですが、全然違います!
高回転の伸びは別物で、気持ちいいの一言に尽きます!
常用する速度も随分上がりました。それにスムーズに乗れるようになった分、以前のように無理やり回している感の強かった時より、私の運転では騒音も振動も減りました。
楽しくて走る距離も時間も増えていっています。

最初からパワーが出ている旧型を買うよりも、ハンドル調整もできたり(最初に気になったポジションの問題も解消しました)、2ポッドブレーキなど、他にも装備が追加されているA6以降の程度の良いものをバキュームバルブ交換して乗る事が、エリミネーター125を選ぶにはベストの選択だと感じました。
  1. |
  2. 原付二種情報

アクシス トリート ヤマハの原付2種

ヤマハの原付2種、アクシス トリートです。
アクシス ストリートだと思ってしまう方も多いのでは?私は間違えてました。

ヤマハの原付2種というと、迫力のスタイリングと28ℓの収納などが特徴のシグナスX、シグナスSRが思い浮かびます。

しかしアクシス トリートは「ゆとり通勤」をコンセプトにしています。
通勤と言えば、通勤快速、通勤特急の異名を持つアドレスV125Gがありますね。
2台を比べてみましょう。

アクシス トリートはアドレスV125Gよりも車体寸法は少し大きめで、装備重量も110kgと98kgでアクシス トリートの方が重めです。

エンジン出力も少しアクシス トリートの方が少なめです。

シート下の収納はアクシス トリートは22ℓでA4サイズのファイルが入り、アドレスV125Gの21ℓよりも有利です。

メーカ希望小売価格もアクシス トリートの方が安いです。

スペック上の動力性能はアドレスV125Gに劣りますが、コンセプトは似た2台ですので、カラーバリエーションがもっと増えたり、防寒使用車が登場すれば、価格差でアクシス トリートを選ぶ方が増えるかもしれませんね。今後の動向に期待です。
  1. |
  2. 原付二種情報

スーパーカブ110 原付2種に仲間入り!

スーパーカブ110が、原付2種に仲間入りしました。
既にスーパーカブ50で採用されているように、PGM-FIでインジェクション化されました。
これは燃費も期待できそうです。

車体も新設計で、剛性の高そうなパイプフレームに、曲線的なデザインで、どことなく上品な感じがしました。
私がデザインで好きなのは、丸いライトとシート下のフューエルタンクのラインですかね。

Love Cub50プロジェクトなどスーパーカブを盛り上げる企画がありますが、このスーパーカブ110はアドレスV125と同じく原付2種の世界を盛り上げてくれそうです。
  1. |
  2. 原付二種情報

30年ぶり ホンダ モンキーフルモデルチェンジ

最近のホンダのHPのバイクラインナップを見ると、生産終了のマークが付いたバイクを多く見ます。
日本国内販売のモデルは、随分と少なくなってしまっていました。
原付ニ種を始め、海外では個性的なホンダのバイクが沢山あるのに残念に思っていました。

そんな事を考えていた時、ホンダのモンキーが30年ぶりにフルモデルチェンジとの事です!

エンジンはスーパーカブ50と同じく、PGM-FIでインジェクション化となりました。
バッテリが完全放電してもキックスタートでかけられるそうです。

外見はモンキーのイメージを壊さず、サイドカバー、シート、燃料タンクのデザインを変更し、受注期間限定で、外装の違うリミッテッドも発売します。
モンキーは、カブと同じくホンダのバイクから消えて欲しくないモデルです。原付2種モデルも発売したら楽しいでしょうね。

他にホンダは、エイプでは50と100でType Dという前後ディスクブレーキとアルミ製キャストホイールを装備したスポーティなモデルがラインナップされています。

それとリードでは新しいカラーを追加し、限定カラーではツートンのシックなカラーを販売します。カラーが変わるとイメージが全然変わって、私の印象では地味なバイクのイメージだったリードが、オレンジやツートンカラーになっただけで、「こんなに格好良かったっけ?」と思ってしまいました。

他にもホンダでは、原付モデルの限定車やカラー追加が行われています。
カラー追加や変更で明るくなるのも良いですが、原付2種モデルを含め、バイクのラインナップを再び華やかにしてもらいたいものです。

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. |
  2. 原付二種情報

寒さ対策のアドレスV125Gリミテッド 今度はシートヒーターも。

スズキのアドレスV125のマイナーチェンジとともに、この冬もアドレスV125Gリミテッドが登場です。

アドレスV125Gリミテッドは寒さ対策に重点の置かれたモデルで、グリップヒーターやナックルバイザーなどが前回は装備されましたが、今回はついにシートヒーターがつきました!

今は私はデイトナの防寒レッグカバーがありますから、腰から足元は問題ないのですが、それにシートヒーターが付けばポカポカとしてコタツ気分になるのでしょうか...?

シートヒーターは国内原付2種クラス初という事で、マイナーチェンジで強化された発電機も一役かっているのでしょうね。

既に十分な装備ですが、次の冬はどうなるのか、この冬から楽しみです!
  1. |
  2. 原付二種情報

エリミネーター125 アメリカン原付二種

今はクルーザーやドラッガータイプと言う事も多いアメリカンのバイクは、私の好きなバイクの種類の一つです。

実車のハーレーにはちょっと手が届かないのですが、昔はハーレーのTシャツやキャップ、プラモやなどを買って、眺めたものでした。

そこで原付ニ種に目を向けてみます。
スクーターのように種類は多くないものの、個性的な原付2種が国内、国外とも色々あります。

今回気になって店頭で見てきたのがエリミネーター125です。
思っていたのはマグナ50のようなイメージでしたが、大きな車体でタンク部もボリュームがあり、格好良かったです。私も欲しくなりました。

このエリミネーター125は、そのスタイルは原付2種としては十分な迫力なのですが、気になるのはその大きな車体に対してのパワー不足です。

パワーは発売後から規制の影響で減少していき、この記事を書いている時点で新車は、重量は132kgに対して7.3ps/8,000rpmです。
今、私の乗っているアドレスV125Gは重量は88kgに対して11.4ps/7,500rpmです。
トルクを見てみると、エリミネーター125の方が低い回転で最大トルクは出ていますが、全体的にパワー不足はありそうです。

たしかにエリミネーター125は、スピードを求めるバイクではないのですが、パワー不足を感じるなら方法もあるようですので、購入店と相談してみるのも良いかもしれませんね。

ちなみに私が見に行った数日後には、その店に数台あったエリミネーター125は全て売約済みになってしまいました。人気ありますね。
  1. |
  2. 原付二種情報

寒さ対策のアドレスV125Gリミテッド 限定発売

2008年1月31日から、スズキから「アドレスV125Gリミッテッド」が全国2500台限定で発売されます。

私の知る限りですが、スズキのバイクではビックスクーターのスカイウェイブでも、似たような冬仕様を見た事があります。他のメーカーでもあるのでしょうか。

この「アドレスV125Gリミッテッド」は、ナックルバイザー、グリップヒーターが装備されています。


ナックルバイザーは専用設計で、私のアドレスV125Gと違い、グリップエンドまで回りこんでいます。左右独立しているのも、純正オプションと違います。
グリップヒーターもプッシュボタンで五段階に調整でき、グロープをつけていても操作しやすいようになっています。

ここまでやってくれたなら、ウィンドスクリーンなども付けて欲しかったです。さらに冬が来る前に出れば、もっと良かったと思います。
しかし、冬は毎年ありますから、永くアドレスV125Gに乗りたい方には、お得な原付ニ種だと思います。

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. |
  2. 原付二種情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。