原付2種 原付二種のススメ

バイクに原付2種という種類があります。排気量50ccを超え125cc以下のバイクです。メリットも原付2種には様々です。税金や保険、免許など原付2種のお話をします。原付2種いいです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. |
  2. スポンサー広告

Dio110 ホンダの新型スクーター登場!ベンリィも。

Dio110(ディオ110)がホンダから登場です。
原付2種のスクーターです。

ホンダにはPCXという人気の原付2種スクーターがありますが、PCXの一見ビッグスクーターやコマジェのようなスタイルと違い、コンパクトなスクーターです。

新設計のエンジンを搭載し、シート下には18リットルの収納スペースがあります。

また、ホイールは14インチと大きく、アドレスV125Sの10インチよりも大きめです。
走行性能、燃費にも違いがありそうです。
個人的にはエリミネーター125とアドレスV125で、タイヤ径の差が走行性能に大きな差があるので気になります。
ちなみに私の乗り方だと、エリミネーター125とアドレスV125はタイヤの径の差もあるのか、燃費は同じ位です。
ですので、Dio110の小柄な車体で14インチタイヤだと、燃費も走りも良さそうで気になります。

ブレーキはコンビブレーキの機能もあります。
その他は比較的シンプルな装備の印象を受けましたが、価格はアドレスV125Sよりも、かなり安いので、
原付2種スクーター選びの選択視の一つに、十分なると思います。

それと50ccの原付ですが、ベンリィがスクーターとなって登場します。
かつてのモデルでは原付2種もラインナップされ、ビジネスバイクでありながら、そのクラシックなスタイルから様々なカスタムモデルや、ユーザーのカスタムベースとなっていました。
今回のベンリィの発表は少し残念な気がします。
スポンサーサイト
  1. |
  2. 原付2種 原付二種のススメ

デイトナ製 スクーター防寒レッグカバー インプレッション その3

私がアドレスV125Gに取り付けたデイトナ製スクーター防寒レッグカバーも、活躍した冬が終わり、暖かくなってくると取り外す事となりました。

やはり丈夫な素材だからか、カバー周りには傷が残ってしまいました。
ですが、これは取り扱い説明書にも書いてあった事ですので、想像はしていました。

それに説明書には、これを防ぐ為にハイプロテクションシールやプロテックパッドを薦めています。
私はこれをケチって準備していなかったのですが、後悔先に立たず、です...。

これから購入される方には、オフシーズンの為に、なんらかの保護をしておく事を、お薦めします。

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. |
  2. 原付2種 原付二種のススメ

原付二種 寒くなってきたらエアチェックを。

燃費の良い原付ニ種が、私のアドレスV125Gのように多いですが、メンテナンスは機械ですので、必要です。
その一つとして、寒くなったらタイヤのエアチェックをしてみましょう。

気温が下がると、タイヤの中の空気の体積も縮まります。
暖かい時のエア圧でそのまま走っていると、いざエアを入れてみると、結構減っていてビックリする事があります。
原付ニ種に限った事ではありませんが、タイヤの乗り物は日頃からのエアチェックを心がけたいですね。
空気を入れた後は、結構走り始めで体感できます。しっかりとした乗り味になり、随分減っていた事を気付かされます。

私のアドレスV125Gは駆動し、支える仕事の多いリアの方が減りが多いです。
あと、エンジンを切ったすぐ後は、どんな原付2種もそうですが、リアタイヤにエアを入れる時はマフラーに触らないように気をつけましょう。熱かったです(笑)。

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. |
  2. 原付2種 原付二種のススメ

原付2種 原付二種のススメ

バイクに原付2種という種類があります。排気量50ccを超え125cc以下のバイクです。法律によっては第二種原動機付自転車、小型の普通自動二輪車と呼び名が変わります。原付2種、原付二種という呼び名が一般的です。メリットは様々この原付2にはあります。車種も豊富でバイクやスクーターの中古車もあり、改造パーツも選べます。輸入車も色々あります。税金や保険のメリットもあります。他には免許の話、私の今の愛車アドレスV125Gの事など含めて原付二種のお話をしていきたいと思います。原付2種はいいですよ!

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. |
  2. 原付2種 原付二種のススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。